診療案内

内科

診療内容

  • 高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病
  • 発熱感冒症状、風邪、気管支炎、咽頭症、インフルエンザ
    めまい、腹痛、胃炎、胃潰瘍などの急性疾患
  • 花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息、じんま疹などのアレルギー疾患
内科イメージ写真

消化器内科

診療内容

  • 胃炎、胃潰瘍、腹痛などの症状
  • 逆流性食道炎、胃・十二指腸潰瘍、胃炎の診断治療
  • ヘリコバクタ、ピロリ菌の除菌治療
  • 腸炎、胆石、胆のうポリープ、脂肪肝、肝炎などの消化器疾患

超音波内視鏡

  • 苦しくない鼻からの胃カメラ(経鼻内視鏡)を始めとした
    各種検査を備えております
消化器内科イメージ写真

経鼻内視鏡

一般の口からの内視鏡は外径が約9mmですが、経鼻内視鏡では先端部の外径は約5mm、鉛筆よりも細い
内視鏡を使って検査します。この細さが検査の苦痛軽減に役立っているのはもちろんのことですが、
それだけではなく鼻から内視鏡を入れると、内視鏡が舌のつけ根を通らずのどにも触れないので、
口の内視鏡検査に比べ検査時の吐き気・不快感が大幅に軽減できることが期待されます。
また当クリニックは挟帯域光観察(NBI=Narrow Band Imaging)システムを導入しています。
NBIシステムとは、粘膜表面の微細な血管を観察するシステムで、内視鏡診断を飛躍的に向上させます。
がんやポリープ等の腫瘍は、粘膜表面の微細な血管パターンが変化するため、通常の内視鏡検査では
わかりにくい腫瘍の発見の診断に有用です。また、病理診断にも有用で、世界的にもとても注目されている
画期的な内視鏡診断システムのひとつです。
NBIシステムを使用することにより早期の状態で異常を発見し、身体に侵襲の少ない治療法を
行うことが可能になりました。

経鼻内視鏡イメージ写真

経鼻内視鏡検査は、検査中も会話が可能なので、画面を見ながら質問したり、気分を伝えることもできます。
鼻腔が狭い人は、鼻から入れることができないこともあり、その際は口から行います。

外科

診療内容

けがの処置、おできの処置、巻爪などの処置、又消化器がんの術後の管理。

その他

肛門外来

診療内容

内痔核、外痔核などの痔をはじめとする肛門疾患・肛門周囲疾患の治療を行います。

痔の種類と症状

1.いぼ痔(痔核)
肛門に生じた静脈のかたまりで、血行が悪くなり、ふくらんで時には出血します。 肛門の奥にできたものは内痔核と言い、痛みはなく、出血や脱出があります。ただし直腸ガンでも同じような症状があるので、鑑別が必要です。 肛門の出口にできたものは外痔核と言い、外からもしこりとして触れ、多くは痛みを伴います。
2.きれ痔(裂肛)
肛門にできたさけ傷で、排便時に痛みと真っ赤な出血があります。
3.痔ろう
直腸と肛門の境目の小さなくぼみに、ばい菌がついて化膿し、うみがたまったものです。肛門の周りが赤く腫れぼったくなり、痛みが強く、熱が出る場合があります。

にんにく注射(保険外診療)

にんにく注射とは

体に蓄積されてなかなか取れない疲れや倦怠感の原因は、疲労物質の「乳酸」によるものです。にんにく注射はこの蓄積された「乳酸」を燃やして新陳代謝を高めるため、症状改善に即効性があります。

主な効果として

慢性疲労、眼精疲労、冷え性、神経痛、慢性筋肉疲労による肩こり・腰痛など・・・etc

にんにく注射の効果は

運動や疲労、ストレス、アルコール等によってビタミンB1の消耗が増えます。食事やサプリメントでもある程度補うことができますが、症状が強く即効性を期待する場合には注射による補充が効果的です。

にんにく注射の成分は

「にんにく注射」とは言いますが、にんにくをすりおろして注射するわけではありません。にんにくに含まれるビタミンB1と類似したビタミンB1誘導体(体内で速やかにビタミンB1に変わる)が主成分で注射後に鼻やノドの奥に、にんにく臭を感じたりするため「にんにく注射」と言われています。

料金は

・スタンダードコース ¥1,200円
 内容:アリF50mg/20ml×1本、5%ブドウ糖1g/20ml×1本
・スペシャルコース ¥1,500円
 内容:アリF50mg/20ml×1本、5%ブドウ糖1g/20ml×1本、リポアラン25mg/5ml×1本
・デラックスコース ¥2,000円
 内容:アリF50mg/20ml×1本、5%ブドウ糖1g/20ml×1本、リポアラン25mg/5ml×1本、
    ビタシミン500mg/2ml×1本、ネオラミン(B1・B6・B12)10ml×1本
・スーパーデラックスコース ¥2,500円
 内容:アリF50mg/20ml×1本、リポアラン25mg/5ml×1本、タチオン100mg×1本、
    ビタシミン500mg/2ml×1本、ビタメジン1V・ネオラミン3B10ml×1本、生食100ml

プラセンタ療法

プラセンタとは

「プラセンタ:placenta」とは英語で「胎盤」という意味を持ちます。
「胎盤」は人間の場合10ヶ月の間にたった1個の受精卵を約3kgにまで成長させると言う重要な組織です。

プラセンタの成分は

タンパク質や酵素、ビタミン、アミノ酸、ミネラル、糖類の他に数百種類の成分が含まれています。

プラセンタの効能は

まだまだ解明されていない部分が多いながらも様々な効果を発揮しています。
自然治癒力を高め、細胞を活性化して身体の悪い部分を改善したり、老化を遅らせたりします。

主な効果として

美肌、美白、シミ、更年期障害、肩こり、肝臓病、免疫強化作用、疲労回復など。

治療方法は

皮下注射ですが、細い注射針を使用するので痛みはほとんどありません。
最初の1〜2ヶ月は週1〜2回、その後は1〜2週間に1回位が目安です。

副作用は

まれに注射部位に赤味やかゆみが生じる場合がありますが、すぐに消失するので心配ありません。

料金は

1回 ¥1,200   ・3回 ¥3,000

禁煙外来・AGA・ED外来

診療内容

肺がんや脳卒中、心筋梗塞などを引き起こすタバコ、禁煙のお手伝いをいたします。抜け毛やEDでお悩みの方に、プロペシア、バイアグラ、レビトラなどの処方をおこなっていますます。

検査内容

一般検査

採血、体重・身長検査など

消化器系

経鼻内視鏡、便潜血、ヘリコバクタ、ピロリ菌検査、腹部レントゲン、腹部エコーなど

検査内容イメージ写真

診療時間

【診療時間】平日/	AM9:00〜12:30 PM3:30〜7:00 土曜/	AM9:00〜PM1:00 【休診日】水曜午後、土曜午後、日曜、祝日

お問い合わせ

城田クリニックへのお問合せはコチラ

tel: 052-461-3770

アクセス

アクセス詳細はこちら

〒453-0037
名古屋市中村区高道町5丁目3-20

設備紹介